クラビットについて知ろう

クラビットについて知ろう

みなさん、クラビットって薬、ご存知ですか?聞き慣れないという方も恐らく多いとは思いますが、クラビットは細菌に効果がある薬です。実際にどのような症状に有効なのでしょうか、調べてみましたのでどうぞご覧ください。

クラビットの効果とは

クラビットは抗菌薬ののひとつで、細菌を抑制する作用がある薬です。咽頭炎や扁桃炎、肺炎、気管支炎と言った呼吸器系の疾患や膀胱炎や外耳炎、中耳炎、歯周病、クラミジア感染症や淋病と言った性感染症など様々な感染症などの症状の治療に用いられています。クラビットの有効成分はレボフロキサシンで、これは感染症などの原因となる細菌が体内で繁殖するために必要とするたんぱく質などを阻害して細菌を殺菌する効果を持っているものです。クラビットはこれまでの抗菌薬と比べると抗菌力が強いため、幅広い感染症に効果があると言うのが特徴で、感染症の種類やその症状などによって用量や用法もことなっており錠剤や細粒タイプの他にも点眼薬や点滴薬などの種類もあり様々な症状の治療に用いられています。またニキビ治療などにも効果があるとされ皮膚科などでもニキビ治療薬として処方されています。クラビットにはニキビの元になるアクネ菌に効果があり、アクネ菌を撃退してニキビの炎症を抑えてくれます。しかしだれでも手軽に使うことができる薬と言うわけではありません。クラビットは医師の処方がなくては薬局などで購入することができない薬です。妊娠中やその可能性がある場合や高度の腎機能障害、てんかんなどの疾患、キノロン系抗菌薬に対するアレルギーがある場合、心疾患のある場合、高齢者、小児などの服用は控えられています。また処方されても、服用後に副作用が起こる場合もあります。主な副作用としては発疹、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、不眠などがあげられます。自然に症状が治まることも多いですが症状が治まらない時や気になる場合には早めに医師に相談することが大切です。

クラビットはどのような症状の時に使う?

クラビットは抗生物質の一種で、色んな適応病名と適応症状があります。錠剤には250mg、500mg、細粒には10%があります。まず、一番代表的なのは風邪です。風邪は咽頭炎やリンパ節炎や気管支炎を伴って起きる場合もありますが、それにも有効と言われております。細菌感染による風邪や感染症に適していて、体内の菌を消滅させて、風邪を治していきます。また、炎症性の病気によく使われる薬で、副鼻腔炎や膀胱炎や腎盂炎などにはよく使われています。医師が、診断するときには患者さんの炎症反応がどの程度かを血液検査や尿検査などで確認して、それに合わせて適した量を処方します。抗生物質の中でも、副作用が少ない薬と言われておりますので、小児に処方されることも多々あります。服用して、万が一湿疹が出たり、吐き気や嘔吐などといった、いつもと違う目立った症状が出た時には、すぐに服用を中止して医師や処方してくださった薬剤師に相談しましょう。最近では、低年齢化していると言われている、性感染症に処方されています。特に性感染症でよく出されるのは、クラミジア、淋菌などの性感染症でよく処方されています。抗生物質ですので、確実に飲み始めたら一週間は飲み続けないと効果がありません。自分の判断で、途中で服薬を中止すると、細菌が残っていて、治りきらずに病気が再発することもあるので要注意です。医師の指示に従って、最低でも一週間は服薬することが有効であると言われています。また、目薬にもクラビット点眼液があります。目薬のクラビットはアレルギー性結膜炎や結膜炎によく処方されています。目のかゆみなどを抑えて、目の炎症を抑えます。花粉症の時期はクラビットがよく処方されています。

クラビットにもジェネリック医薬品がある?

クラビットは、ニューキノロン系と呼ばれる種類の抗生物質に位置し、その広い抗菌スペクトルにより広く用いられている抗生物質の代表格であると言えます。さまざまな疾患の治療に用いられることで知られるクラビットですが、やや高額であるという特徴があります。現在では、クラビットにもジェネリック医薬品が存在します。クラビットの一般名はレボフロキサシンという名前であり、複数のメーカーからジェネリック医薬品が販売されています。ジェネリック医薬品は先発品と有効成分が同じであり、臨床試験が不要となる部分も多いため国の定める薬価が低く設定され、同じ薬を安価に利用するために効果的であると言われています。メーカーの違いにより、錠剤の見た目や大きさなどは変わる場合がありますが、有効成分やその含有量には差はありません。クラビットも、他の医薬品と同様にジェネリック医薬品が既に頻繁に用いられている状況にありますが、ジェネリック医薬品はその発売前において、先発品と溶け方、あるいは体に入った後の効き方が同じである、という「生物学的同等性」を評価されます。これらの試験は複数存在し、先発品とこれらのデータがある範囲内にあるもののみが「先発品と同じ効き方をする」という評価をされ、販売に至ることになります。そのため、市場に出回るジェネリック医薬品は先発品と同様の効き目があるという試験をクリアしていることになりますが、実際にはその使用にあたり、効果の違いを実感してしまうという場合もあります。例えば先発品だと効果があったのにジェネリック医薬品で効果が見られない、というような場合ですが、逆の場合もありその原因を突き止めることは難しい場合が多いと言えます。