クラビットについて知ろう

みなさん、クラビットって薬、ご存知ですか?聞き慣れないという方も恐らく多いとは思いますが、クラビットは細菌に効果がある薬です。実際にどのような症状に有効なのでしょうか、調べてみましたのでどうぞご覧ください。

クラビットの副作用や影響と評判は?

クラビットとは 、細菌やウィルス、カビなど、大変多くの種類の菌に対して効果を発揮することができるニューキノロン系の抗菌剤で、従来の合成抗菌剤に比べて抗菌力が増強し、応用範囲が拡大されたうえに、副作用の発現率も改善されています。おもに、咽頭炎や喉頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎といった呼吸器感染症や、中耳炎、副鼻腔炎などの耳や鼻の感染症などの治療に用いられます。ほかにも、尿路感染症などの治療のために泌尿器科で使われたり、皮膚科や呼吸器科などでも、さまざまな感染症に使用されていますが、ウイルス性の風邪やインフルエンザなどには効果のない薬です。しかし、細菌による二次感染や、予防のために処方されることはあります。クラビットは副作用が少ないため、安心して飲むことができる薬として評判となっており、口コミなどでも「空気が乾燥する冬場には、よく処方してもらう」という方や、「適用範囲が広く、症状が出始めた時にすぐ飲むと良くなる」など、予防薬として常備されている方も多いようです。女性の場合は、膀胱炎などの治療の際によく処方されている薬ですし、性病などの予防や改善の薬としても知られています。薬の影響によって、ときに喉の渇きや不眠、頭痛、めまい、吐き気や嘔吐、食欲不振、腹痛、下痢などの副作用も報告されています。まれに、肝障害や腎障害、白血球減少などの血液障害、低血糖など、自覚症状の出にくい副作用が出る場合がありますので、その場合には医師の指示に従い、速やかに検査を受けるようにしましょう。また、現在ほかのお薬を飲んでいてクラビットを服用される場合や、この薬を服用中に他の薬を使う場合には、あらかじめ医師に相談をしてください。