クラビットについて知ろう

みなさん、クラビットって薬、ご存知ですか?聞き慣れないという方も恐らく多いとは思いますが、クラビットは細菌に効果がある薬です。実際にどのような症状に有効なのでしょうか、調べてみましたのでどうぞご覧ください。

2016年08月の記事一覧

抵抗力が落ちてきてもセルフでのクラビット服用はだめ

性行為をしてから抵抗力が落ちてきて、性感染症になったかもしれないと思うと不安になってしまうものです。
そのようなときに余っているクラビットなどの抗生物質を、セルフで服用するのは絶対に避けるようにしましょう。
特に性感染症の疑いがあるのであればなおさらのことであり、性感染症にかかっていた場合には正しい方法で治療をしなければ余計に悪化してしまうおそれがあるためです。

クラビットは性感染症の治療などに用いられる薬ですが、それ以外にも風邪などを引いた時に二次感染の予防として処方されるケースも有ります。
そのようなときにもらったものが余っていて、性感染症の疑いにあるときに使えば性感染症の治療になるのではと安易に考えがちですが、予防のために処方される量と治療のために処方される量では異なるケースは多いので安易に使用すると原因となる菌に耐性をつけさせて終ってしまうことになります。

抗生物質というのは感染症の原因となる菌を殺す薬なのですが、それは使い方を正しく守ってこそ効果があるもので間違った使い方をすると菌を殺しきることが出来ずに逆に菌がその薬に対して抵抗を持つようになります。
そうなると今度は正しい服用法をしたとしても効果が現れずに、薬が効かなくなってしまうことがあるのです。
単なる体調不良であれば耐性を持って困る菌がいるわけではありませんから、問題とはなりませんが性感染症にかかっている場合、勝手な判断で治療をすれば余計にことは重大になってしまうだけなのです。
そのため、性行為をしてから抵抗力が落ちてきてなにかおかしいと思った時には医療機関で診察を受けて、性感染症にかかっているかいないかを確認し感染をしているのであれば医師の判断のもと正しい治療をすることが大切です。

続きを読む