クラビットについて知ろう

みなさん、クラビットって薬、ご存知ですか?聞き慣れないという方も恐らく多いとは思いますが、クラビットは細菌に効果がある薬です。実際にどのような症状に有効なのでしょうか、調べてみましたのでどうぞご覧ください。

2016年11月の記事一覧

クラビットと咳や寒気の副作用

クラビットは合成抗菌剤の一種で、さまざまな細菌に対しての効果を発揮するものです。通常は助剤タイプのものが処方されることが多いようですが、顆粒状になっているものなどもあります。
病原性の細菌などが人体に侵入して病気をもたらす感染症というのは、気をつけていてるかかってしまうことがあるものですが、そのまま放置してしまうと、炎症や腫れ、痛みなどの症状がひどくなって、ますますなおりにくくなってしまうものです。
そのため、はやめに病院に行って診察を受け、クラビットなどの医薬品で適切に治療をするということがたいせつとなってきます。
クラビットに関しては、細菌の遺伝子の複製を阻害するという作用がありますので、やがて細菌は繁殖できなくなり、殺菌的な効果をもたらすものとして期待されています。
このクラビットは副作用は少ないほうといわれていますが、服用する量や回数が過剰になるなどの適切ではない使用方法によって、副作用がおきる可能性もないわけではありません。
たとえば、寒気や頭痛、けいれん、吐き気、いらつき、重い場合には意識が飛んでなくなってしまうなどといった、低血糖からくる副作用があります。
また、息苦しさ、かわいた咳、発熱、たんがからむなどといった、いわゆる間質性肺炎の症状とされる肺障害というものもあります。
こうした副作用の症状があれわれた場合には、使用を中止して、すみやかに医師や薬剤師に相談をし、対応してもらうことが重要です。
医薬品については体質に合う、合わないということがあり、またそのときの身体の状況によっても異なりますので、あまり素人目線で判断するのではなく、きちんと専門家の意見を聞いて服用をするということがたいせつなのです。

続きを読む