クラビットについて知ろう

みなさん、クラビットって薬、ご存知ですか?聞き慣れないという方も恐らく多いとは思いますが、クラビットは細菌に効果がある薬です。実際にどのような症状に有効なのでしょうか、調べてみましたのでどうぞご覧ください。

2016年12月の記事一覧

クラビットの点滴をしたときの倦怠感

クラビットはクラミジアや淋病などの細菌性の病気を治すための治療薬で、性病科などを受診すると静脈に点滴をすることで、薬を体内に行きわたらせます。病院でこの薬を投与される場合には、看護師がついているので、倦怠感を感じたときに、声をかけると、違う薬を処方されたり、点滴をするペースをゆるやかにしてもらうことができます。クラビットは性病の他にも黄色ブドウ球菌の感染症にも効果がありますが、近年では抗生物質の過剰な使用によって、抗生物質が効きにくい耐性菌が多くなっているので、風邪などの軽い症状には処方されなくなりました。クラミジアや淋病に関しては、粘膜の接触によって感染する法律に定められた性感染症なので、病院で検査をして抗体が発見された場合には、すぐにクラビットなどが投与されます。自然治癒する場合もありますが、パートナーに感染するリスクが高いので、症状が出たらすぐに性病科などで治療をして細菌が完全になくなるまで治療をしなければなりません。クラビットの副作用は、高齢者や小児などにでやすいのですが、肝機能が正常に保たれている若者の場合は、深刻な副作用はあまり出ないとされています。薬による倦怠感は、血中濃度が半減すると感じなくなるので、数時間がまんするだけで、症状が改善します。またブドウ球菌やクラミジアなどの症状が進行していると、免疫力が低下しているので、副作用が出やすくなる場合もあります。この場合には、同じタイプの他の薬が処方されますが、耐性菌の場合は、なかなか症状がおさまらないので、医療機関に相談をして早めに他の抗生物質に処方を変えてもらう必要があります。通院をすると多くの場合は飲み薬が処方されますが、緊急の場合や、手術後の場合には点滴で投与されることがあります。

続きを読む